様々なレンタカーを24時間借りてみよう

中古車を購入するときはシートの確認も忘れずに

中古車を購入する場合には、後で嫌な思いをしないために細かなチェックをすることはとても大切なことです。チェックしなければならない箇所の一つは内装です。内装のどこを確認すべきなのでしょうか。摩耗が激しいところは要チェックです。

ハンドルやシフトレバーといったところは頻繁に触ってる箇所ですので、摩耗が激しいところといえます。その摩耗が自分の許容範囲かどうかを見るようにします。さらにシートもよく確認するようにいたしましょう。シートは汚れやすいですし、また人を乗せる場所ですので傷みやすいところといえます。

もし、ビニールかレザーシートであるならば、ひび割れが起きていないかどうかを確認しましょう。また、臭いが気にならないかどうかもチェックするようにいたしましょう。大抵の中古車販売会社は、シート丁寧に掃除します。ですから、においが残っていないことがほとんどです。

しかし中にはどうしても落ちないにおいがあります。それが気にならない場合には良いかもしれませんが、においは一度気になると徹底的に気になるものです。ですので臭いもきちんと確認すようにいたしましょう。さらに擦れていないかどうかも確認するようにいたしましょう。

乗り降りが頻繁ではない車の場合には、擦れは見られないかもしれませんが、しかし以前のオーナーが頻繁に車の乗り降りをする人であったならばシートが擦れていることもあります。また、シートがヘタっているということもあります。そのような擦れやヘタっていないかどうかも確認するようにいたしましょう。さらにシートベルトも確認することが必要です。

中古車の中にはシートベルトがきちんと作動しないものもあります。そのような状態になっていないかどうかもチェックすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です