様々なレンタカーを24時間借りてみよう

福祉車両をレンタカーで借りると多くの利点があります

高齢人口がますます増えていく時代にあって、福祉車両は必須のアイテムです。自分で活動が十分にできない人に対しては、特別な対処が必要となるのは当然です。リフトやスロープなどといった特別な機能は、福祉車両ならではの特別な機能です。ただ、車両を購入するとなると、思わぬ事態が発生することも多いのです。

買ったものの、車椅子を乗せることができなかったとか、予定の人数を載せることができないとか、そういったトラブルに見舞われることは少なくありません。そこで、レンタカーで利用するという発想が出てくるのです。福祉車両をレンタカーにすると多くのメリットがあります。まずは、導入の際の煩瑣な事務処理が不要な点です。

リースやローンですと、審査や車庫証明の申請などと、さまざまな手続きが必要になってきますが、レンタカーの場合はそういった複雑な処理に手間をかけることがありません。また、車検や自動車税などといった余分な出費を迫られることがない点です。もし故障や事故などといった不測の事態が起こっても、任意保険に加入していますので、別途、費用を負担しなくてもいいのです。そして、利用中のレンタル料金に関しては、全額が損金として計上できますから、法人の場合は有利になります。

さらに、レンタル契約の期間が満了したとき、その福祉車両を購入することもできます。多くの点で福祉車両をレンタカーで借りることには多くのメリットが出てくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です