様々なレンタカーを24時間借りてみよう

車の大事なポイントとは

車を買ったときには確実に保険に入る必要があります。まずは、自賠責というのがあります。これは義務、強制保険になります。しかし、さらに考えるべきことが民間の任意保険です。

保険とは、その条件が満たされた時に賠償をしてもらうことができるサービスであり、極めてメリットがあります。保険金給付先が自分であることもありますし、相手であることもあります。日本の場合、自賠責という国がやっている保険があります。これが強制保険であり、自動車に限らず、バイクなどにも加入義務があります。

そうすることによって、最低限の補償をしてもらうことができます。これは本人というよりも事故を起こした時の相手のため、という側面が強いです。大抵の人がイメージするのが、人的な損害です。つまりは、怪我をさせてしまったり、或いは自分がしたときのことです。

それもよい保険ではありますが、実は契約車両の損害を補ってくれる補償も途轍もなく大事です。これが車両保険、というものであり、需要があります。これは要するに壊れたときの保険になります。どんな違いがあるのか、といいますと過失割合です。

そもそもどうして、こんな保険があるのかといいますと相手のある事故の場合であろうと過失割合の違い全額支払われないことがあるからです。そのため、車両保険にもしっかりと加入しておいたほうが自分の為になります。人的な補償、物的な補償とはまた違うことになりますから、そのあたりをよくよく注意して契約をすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です