大人ニキビを治していく化粧品選びとは

なかなか治りにくい大人ニキビを治すためには、化粧水は何を選ぶかも大切です。そこで選びたいのは、高保湿の成分が入っているということです。素肌の水分量を、効果的にグレードアップさせてくれるような、高保湿成分を含むタイプを選ぶことです。具体的には、アミノ酸やヒト型セラミド、ヒアルロン酸といった美容成分が配合であることが望ましいです。

大人ニキビ対策でもありますから、皮脂コントロール可能な成分配合であることも、化粧水選びでは選択したいところです。過剰に分泌してしまう皮脂をバランスよくコントロールして、炎症をセーブさせる成分配合のタイプです。ポピュラーなものとしては、ビタミンC誘導体で、5%以上配合されているのが理想です。ビタミンC誘導体は、肌への刺激が若干強いという面もあります。

もしニキビの炎症が強めである場合は、5%以上含むタイプは刺激が強めになってしまうので注意です。大人ニキビケアのために選ぶ化粧水は、浸透率の高い製品を選ぶことです。良い成分が配合されていても、お手入れで肌に浸透しないと効果にはつながりにくくなります。化粧品選びは、肌への浸透率にもこだわってつくられている製品をチョイスしましょう。

肌を乾燥させることは、肌荒れを悪化させることにもなります。そのため、アクネケア用の化粧品でも、乾燥しやすいタイプは選ぶのは控えましょう。思春期のニキビには向いていても、大人の肌荒れには向いてはいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です