大人ニキビの原因と予防

大人ニキビは、10代の思春期の頃にできるものとちがい、顎やフェイスライン、首筋にできやすくなります。ストレスやホルモンバランスの崩れにより、何度も同じような場所に繰り返しできるのが特徴です。大人ニキビの場合、ストレスはもちろん偏った食生活や睡眠不足などが原因とされています。それだけでなく、紫外線などによる肌への外部刺激や、加齢やエアコンなどによる肌の乾燥も原因となっており、乾燥することで余計に皮脂分泌量が増えてしまうことでも大人ニキビはできやすくなってしまいます。

皮脂分泌量が増えれば、それだけ毛穴が詰まりやすくなり老廃物も排出しにくくなってしまいます。大人ニキビを予防していくには、皮脂を過剰に分泌させないように、適度な運動や脂っぽい食事を控えることも必要です。それに加え、肌の保湿をしっかりと化粧水などで行い乾燥を防ぐようにしましょう。エアコンを使う場合は、肌が乾燥しないように加湿器を使ったり、水分補給をするように心がけましょう。

生理前はどうしてもターンオーバーが乱れてしまい、ホルモンバランスも崩れやすくなってしまいます。この時期は特に生活のリズムを整えて、食生活にも気を付けたり睡眠不足にならないように気を付けることで、予防することができます。女性ホルモンを不足させないように、女性ホルモンと同じ成分である大豆イソフラボンを摂取するようにしたり、老廃物を排出しやすくなるように食物繊維のものを摂取することでも、大人ニキビの予防に繋げることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です