ニキビの効果的な治療

生活習慣が乱れると、顔にニキビができやすくなります。顔に一度ニキビができると、ついつい気になって触ってしまうことが多いです。そうなると、手の雑菌が繁殖して、さらに悪化してしまいます。なので、自分でケアをして治療するのはなかなか難しいです。

そんな方に最適な治療方法として、皮膚科ではイオン導入治療を行っています。このイオン導入とは、ニキビに有効なビタミンCなどの成分をイオン化して肌に入れることです。そもそもビタミンCには、皮脂の分泌を抑える効能があります。肌への導入の際には、微弱な電流を肌に流していきます。

そうすることで、肌のバリア機能を低下させて、ビタミンCを肌の真皮層まで届けられます。よって、高い治療効果があります。このイオン導入には、治療を受ける際には注意点があります。まずは、イオン導入を受ける頻度に気をつけることです。

高い効果がある治療法ならば、こまめに治療を受ければ早く治ると考える方は多いです。ですが、この治療は、肌のバリア機能を弱めて美容成分を浸透させていきます。なので、頻繁に行うと、肌の免疫機能が落ちてしまいます。ですから、治療の目安は、週に1回の割合で行うことが大事です。

また、その他にも、治療後はきちんと保湿ケアをすることが大事です。というのも、ビタミンCには肌を乾燥させる働きがあるからです。ですから、洗顔後のケアでは、普段よりも化粧水やクリームを丁寧につけると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です