ニキビケアにはお肌を整えるのも大切

ニキビケアのためには、素肌の保湿をしていくことが、非常に大切になります。ニキビと保湿がつながらないと思うかもしれませんが、大きく関係しています。お肌がカサカサと乾燥をしている状態は、お肌の細胞が生まれ変わる、肌サイクルにも乱れが出てきます。お肌のターンオーバーを正常化していくことが、ニキビ予防にもなり、改善にも必要不可欠なことと言えます。

肌のターンオーバーは、通常は28日をかけて行われます。乾燥した肌は、そのサイクルが遅くなります。サイクルの乱れたターンオーバーは、すぐに正常に戻るわけではありません。お手入れをしてい過程で、ゆっくりと正常になっていきます。

時間はかかりますが、地道な保湿ケアで、皮膚細胞のサイクルを正常化していきます。化粧水をしっかりと肌に浸透させるために、化粧水を塗布する前に、お肌を整えると浸透が良くなります。お肌を整えるために使用したいのが、ブースターという、導入液の存在です。洗顔をしたら、いつもならば化粧水をすぐに付けます。

しかし、洗顔後最初に、導入液を肌につけます。ブースターの美容液は、化粧水の前に使用することにより、化粧水が浸透していく効果を高めてくれます。ブースターと化粧水が別々なタイプもありますし、一緒になっているタイプもあります。導入型化粧水であれば、お肌を整えながら、同時に肌のターンオーバーを促すことができます。

スキンケアに使用すれば、ニキビケアにもなりますし、出来たニキビ改善にも役立つことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です