お尻にニキビができる要因とは

近年では、お尻にニキビができてしまい悩んでいる女性は多くいます。お尻にできる主な原因は、お尻の血行不良やリンパの流れの悪さによるものです。そもそも若い女性の多くは、自分の体型を補整する目的で、締め付ける下着を身に付けることが多いです。また、オシャレとして、スリムなパンツをはくことが多いです。

そうなると、血行やリンパの流れが悪くなり、本来排出される老廃物が皮膚内に溜まってしまいます。そして、炎症が起きて、ニキビができてしまいます。その他にも、人間関係や仕事などのストレスによってもニキビができます。というのも、ストレスが生じると、皮脂の分泌がスムーズにいかなくなるからです。

皮脂が過剰に分泌されることで、肌にアクネ菌が大量に繁殖してしまいます。そのアクネ菌が炎症を起こすことで、お尻にニキビができやすくなります。治療をするには、皮膚科のケミカルピーリングと呼ばれる治療が効果的です。そもそもピーリングとは、古くなった角質を剥がすことです。

皮膚科では、お尻にフルーツ酸などの原料を塗布することで角質をはがしていきます。ピーリングを行うことで、肌のターンオーバーが活性化させられます。そのため、古い皮膚細胞をスムーズに排出できます。よって、確実に治療ができます。

皮膚科でのケミカルピーリングの治療の目安は、2週間に1回の施術を数回繰り返すことで効果があります。ニキビに悩んでいる人は、上記を参考にして治療を行うと良いです。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です