化粧水に含まれているビタミンC誘導体

化粧水に含まれているビタミンC誘導体の効果は、ニキビ、ニキビ跡、美白などの肌の悩みにとても効果があります。ニキビ、ニキビ跡は、皮脂の分泌を抑えて、抗菌作用があるのでニキビの原因であるアクネ菌などの繁殖を抑え、炎症を抑えてくれる作用があるのでニキビ、ニキビ跡に効果があります。美白は、シミの原因であるメラニンの生成を抑えてくれることにより効果があります。ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、両性などがあり、それぞれ特徴があります。

水溶性は、化粧水と相性が良くて早く皮膚に浸透しやすいです。油溶性は、肌に低刺激なので乾燥肌、敏感肌にとても適していて、ゆっくりと皮膚に浸透しやすいです。両性は、化粧水と相性が良くて水溶性、油溶性のメリットが合わさっているのでとても持続性がいいです。ビタミンCはとても効果が高いのですが、皮膚に浸透することが難しく、化粧品の配合が難しいので、ビタミンC誘導体にすることで酸化しにくく、皮膚に浸透しやすくなります。

このように化粧水に含まれているビタミンC誘導体の効果は、ニキビ、ニキビ跡、美白などの肌の悩みにとても効果があり、皮脂の分泌を抑え、抗菌作用、炎症を抑えてくれることにより、ニキビ、ニキビ跡に効果があり、メラニンの生成を抑えてくれることで美白効果があります。水溶性、油溶性、両性などの種類があるので、それぞれ特徴があるので自分の肌に合ったものを選ぶことにより効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です