化粧水に見られる、ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは非常に強い抗酸化作用を持った成分です。このことから、活性酸素によるシミやシワの発生を抑制する作用があるとされています。また肌の弾力を構成しているコラーゲンの生成に対しても、働きかける作用を持っています。そのため化粧水などに含まれることも多い成分でした。

しかし一方で、ビタミンCはそのままでは非常に壊れやすく、高濃度では肌に届きにくいと言う性質も持っています。更に刺激が強いため、肌が敏感な人などが利用すると、却って肌トラブルが発生することもありました。そこで登場したのが、現在、多くの化粧水などに配合されているビタミンC誘導体と言う成分です。これは簡単に言うと、壊れやすさをクリアして安定した状態で肌に届く上に、刺激も限りなく排除されたビタミンCのことです。

肌に届いて初めて、変換することでその機能を発揮すると言う性質を持っています。そのためこれが含まれた化粧水を利用すると、よりその作用を肌に受けることが期待できると言うことができます。ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、その両方の性質を持つものの3種類があります。水溶性は肌へのなじみが抜群であることから、化粧水に利用されることが最も多いタイプです。

油溶性は水と油をあわせた状態ですから、少しべたつきがあります。そのため主にはクリームに配合されていることが多いです。そしてその両方の性質を持っているタイプは、それゆえ、肌への浸透率もより高いものが期待できるタイプだと言われています。これはAPPSと言う名称で表記されていることが多いので、気になる方はこの表記がある化粧水を選択するのが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です