ビタミンC配合の化粧水を使う時に知りたいポイント

ビタミンC配合の化粧水は美白作用があり、毛穴を引き締めます。肌の密度も高め、活性酸素に対抗して老化予防を補助します。抗酸化作用がありますから、肌がダメージを受けても修復する様に促します。皮脂の酸化も抑えて、ニキビ並びに吹き出物を予防、改善しますから、ビタミンCはメリットだらけです。

酸化しやすいイメージがありますが、実際は酸化を防ぐ成分ですから、条件を成立させない限りは簡単に酸化して、皮膚に実害を与えないのです。化粧水にビタミンCを配合すれば、品質の劣化も防ぎますから、役立つ成分になります。因みに化粧水に配合されているビタミンCはアスコルビン酸を単体で配合されているのか、天然エキスの中に含まれているのか、顕著にわかれます。前者のアスコルビン酸を単体で配合している場合には、化学合成して得られた物の可能性があります。

後者の天然エキスの中に有効成分が含まれている場合、他にもメリットは得られます。しかし、注意したいポイントは、柑橘系のエキスです。一例を挙げると「レモンエキス」なのですが、レモンエキスにもビタミンCは多少は含まれていますが、他にも成分は含まれています。中には皮膚に付けた後に、紫外線に浴びるとシミの原因になる成分もあります。

レモンエキスをたくさん配合している化粧水は気をつけたいところです。また、レモンにはクエン酸がたくさん含まれていますが、微量ならばピーリング作用がありますが、多量であると刺激になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です