京都観光の合間に保津川のラフティングもできます

京都観光と言うと、金閣寺と銀閣寺と清水寺などの寺院巡り、紅葉の季節であれば紅葉狩り、春の場合は桜や青もみじなど景観を楽しむイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

しかし、京都の中を流れる保津川は景観を楽しむだけでなくラフティングツアーに参加ができる魅力を持つ川もあるのです。保津川でラフティングは流れが速い川をゴム製のボートを使って流れを掴みながら下流の目標点に到着させるアドベンチャー要素とアクティビティ要素を兼ね備えたアウトドアスポーツで、保津川はラフティングのメッカの一つになります。

保津川のアクセス方法は、JR京都駅からの場合であればJR嵯峨野線の快速電車で約20分の亀岡駅下車、もしくはJR嵯峨嵐山下車、当駅からトロッコ列車に乗り換えてトロッコ亀岡駅下車などになります。京都の中心地からもアクセスが便利な保津川は、川下りの名所でもあるのですが、川下りの場合は船頭さんが船を操りながら下流域まで景色を楽しみながら乗船する観光船です。

これに対してラフティングはボートに乗り込んでいる人全員がパドルと呼ぶ道具を手に持ち、ボートが障害物に当たらないようにしながら川下りを楽しむなどの違いを持ちます。急流の保津川ではありますが、場所により流れが緩やかな場所も多くあるため景色を楽しむこともできるメリットもあるのです。しかも、ラフティングツアーはショップが必要な道具を貸してくれますので、タオルや着替えなどを持参すれば良い気軽さもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *