尾瀬トレッキングを満喫するためには山小屋滞在が必須

高山のトレッキングは、日本各地の山々で行う事が出来ますが、その中でも北関東・南東北エリアに位置する、湿地で有名な尾瀬国立公園は大変な人気があります。

特に、現地の山小屋に滞在するプランは、現地の希少な動植物を長時間見られる・多くの有名スポットを訪問出来るメリットがあるので、夏場を中心に混雑します。尾瀬の山小屋は、主要登山道沿いに多くが点在していて、昼間は食堂や休憩所として機能している事が特徴であり、旬のきのこや山菜を使ったメニューを豊富に取り揃えています。山小屋宿泊は、夕方からチェックインする事が可能で、一般的なホテルと同様に夕朝食付きが標準のプランになっています。

尾瀬の山小屋内で入浴する際は、幾つか気を付けなければいけない事がありますが、その中でもシャンプーやリンスの使用は厳禁です。その理由は、尾瀬の水質を保持していく必要があるからであり、軽く汗を流す程度の感覚で入浴しておきましょう。山小屋の夕食は、利用者全員が同じメニューを食べる事がほとんどで、小屋で調理した温かい料理を食べられます。

肉や魚をメインディッシュにした和定食や洋食が多く、満足出来る内容になっています。2日目の昼食は、道中の休憩所で食べる事が出来ますが、宿泊小屋に依頼すれば特製の弁当やおにぎりを作ってもらう事が可能です。1000円以下でボリュームあるランチが食べられるので、興味がある場合は前日夜までに忘れずに注文しておいて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *