様々なレンタカーを24時間借りてみよう

名古屋の格安レンタカーはなぜ安い?その取り組みとは

自動車のメッカとも言える名古屋市。愛知県には日本を代表する自動車メーカーがあり、利用者も多いです。そんな名古屋市には様々な自動車関連のサービスがありますが、レンタカーに関しても充実しています。なかには一日利用して5000円を切るようなサービスを展開しているところもありますが、どうしてそこまで安くできるのでしょうか、取り組みを見ていきましょう。

中古車や低年式車を上手に活用

リサイクルや再利用などエコが叫ばれている現在、車もハイブリッド化や電気自動車など環境に優しいものが売れています。また、ものを大切にする意識の高まりにより、車のメンテナンス技術は高まっており、車の品質は長い間保たれるようになりました。年数の長い自動車、長距離を走った車に関しても適切なメンテナンスが施されていれば、何ら問題はありません。ただし、やはり消費者というのは年式の古い車、走行距離の長い車は敬遠する傾向があります。そうした状況をうまく利用しているのがレンタカー会社です。市場から不要と言われた車を利用して、補修と修理をすることで走行性能をきちんと引き出し、低料金で走れる仕組みを整えました。これにより、半日で5000円から3000円で提供しているところもあります。もちろん走行距離は10万キロを超えていたり、10年前の車だったりと車両の品質に関しては、大手のレンタカー会社とは異なる点があります。それでもしっかりと走るので車両の特性を気にしないのであれば利用する価値は高いです。市場から不要になった車は高いお金をかけてスクラップされることもあると言いますから、経済的かつ環境にも優しい取り組みだと言えるでしょう。

ガソリンスタンドや整備工場と提携

次に格安レンタルは営業所に行くと、そこがガソリンスタンドだったり整備工場だったりします。実はこれらの会社とフランチャイズ契約しており、そこが安さの理由です。実際にはガソリンスタンドや整備工場が副業としてレンタカーを営業しているケースが多いです。これによるメリットは整備や洗車、ガソリンといった諸経費が抑えられることになります。利用者にとっても車を返すときに、わざわざ他のガソリンスタンドで給油する必要がありません。営業所にとってはガソリンもレンタル料もひとつにまとめられるというメリットも存在します。さらに安い理由を説明すると、ガソリンスタンドや車両整備工場は店舗があり、車に精通している従業員もおり、メンテナンス機能もあるなど、関連施設やノウハウが始めから揃っています。これはインフラがすでに備わっていて、それをそのまま利用すればいいので導入コストがあまりかかりません。既存事業とうまく提携していることで低価格が実現しているだけでなく、高いノウハウにより安全性もまた確保されていると言えます。近年はこうしたフランチャイズ化を行っているところが増えているので、さらに利用しやすくなってきました。

格安店舗を利用するときの注意点

安いことには理由があり、ここまで安さの理由を説明してきましたが、注意すべき点もあります。ひとつが燃費性能です。中古車や低年式車を利用しているので、燃費の部分ではやはり最近の車に分があります。長距離移動するときはガソリン代がかかるので向いていないかもしれません。名古屋で格安のものを借りるときはせいぜい1日か2日程度利用し、近隣のエリアの利用に留めておきましょう。また大手の会社だとカーナビが付いているのが定番で、料金もそこに含まれていますが、低価格の会社はこうしたオプションは別料金の場合があり注意です。カーナビを例にすると1日のオプション料金は1000円ほどですが、あまり性能が高いものは期待してはいけません。結局スマホのカーナビを使うことになることもあるので、そうした点は事前に調べておいたりスタッフに確認することをおすすめします。大手の会社は各種キャンペーンを実施している場合があります。そうした時期に借りると、低価格の会社とあまり変わりがないという場合もあるでしょう。会員価格になっていたり初回割引があったり、ネット予約で割引があったり、様々なキャンペーンや特典がありますから、大手と比較したうえで選んでください。

まとめ

ここまで安さの理由と会社の取り組み、そして実際に借りるときの注意点を紹介してきました。格安になっているのは低年式車を上手に利用して、ガソリンスタンドや車両整備工場と提携することで、車も経費も人件費もかからないようになっているからです。低年式車を利用するデメリットもありますが、やはり料金の安さは魅力なので、しっかりと比較して選んでください。名古屋のレンタカーのことならこちら